介護職員初任者研修

 介護職を目指す方が最初に受講する資格です。必須の資格ではありませんが、ほとんどの事業所で求められる資格です。130時間のカリキュラムが組まれています。介護の基本知識を学び、基本の技術を習得します。家庭での介護にも役立つので、家族介護を必要とする方の受講も多いです。家庭介護で資格を取り、介護の社会的必要性を実感し、介護職に就かれる方も多いです。先ずは、この初任者研修を受講した後に、実務者研修、介護福祉士国家試験と進まれるのが、王道のキャリアパスです。実務者研修では、初任者研修で勉強した130時間は、科目免除が受けられますから、勉強が重複したり、費用が二重払いになったりすることはありません。

受講の流れ

STEP1  受講開始
募集期間中に申込・入金後受講を開始します。

初任者研修オリエンテーション


STEP2  オリエンテーション
講座開始日にオリエンテーションを実施します。

初任者スクーリング

STEP3  通学学習(スクーリング)
講師と共に食事介助、補講介助、排泄介助などの演習を行います。
実体験を踏まえた講義展開で実践で活かせる知識・技術を身につけます。
最終日には振り返りを行い、しっかりと学習範囲を再確認します。

STEP4  自宅学習
テキストを参照し、課題レポートを作成します。

STEP5  修了(修了証書の発行)
スケジュール終了後認定者に修了証書を発行します。
※修了試験合格必須

 

認定方法

レポートの合格

日程の履修

筆記試験の合格

就職先

ホームヘルパー  ご自宅に訪問して生活援助や身体介助などの介護サービスを提供

施設内介護スタッフ  デイサービスや老人ホームで介護サービスを提供

看護助手  病院やクリニックで介護サービスを提供

カリキュラム

  • 大阪府 カリキュラム
  • 京都府 カリキュラム
科目名 通信 法定時間
職務の理解 0時間 6時間
介護における尊厳の保持・自立支援 5時間 9時間
介護の基本 3時間 6時間
介護・福祉サービスの理解と医療の連携 7.5時間 9時間
介護におけるコミュニケーション技術 3時間 6時間
老化の理解 3時間 6時間
認知症の理解 3時間 6時間
障がいの理解 1.5時間 3時間
こころとからだのしくみと生活支援技術 12時間 75時間
振り返り 0時間 4時間
合計 38時間 130時間

科目名 通信 法定時間
職務の理解 0時間 6時間
介護における尊厳の保持・自立支援 7.5時間 9時間
介護の基本 3時間 6時間
介護・福祉サービスの理解と医療の連携 7.5時間 9時間
介護におけるコミュニケーション技術 3時間 6時間
老化の理解 3時間 6時間
認知症の理解 3時間 6時間
障がいの理解 1.5時間 3時間
こころとからだのしくみと生活支援技術 12時間 75時間
振り返り 0時間 4時間
合計 40.5時間 130時間

※初任者研修概要や募集中のスケジュールの詳細はこちらから